不謹慎な経済学

フキンシンナケイザイガク
不謹慎な経済学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

常識のウソを暴き、「正しい暴論」で世の問題を解き明かす
新しい経済学の誕生!

「パリス・ヒルトンは刑務所に入って得をした」
「最低賃金を引き上げると、失業も雇用も悪化する」
「官僚の天下りは、本当は正しい」
「オリンピックやサッカーワールドカップが終わると、開催国は不況になる」

……などなど、ちょっと聞くと「ウソでしょ?」と問い返したくなる言葉の数々。
しかし、これらはどれも、気鋭のリフレ派経済学者として活躍する著者が、まっとうな経済学
の教えに基づいて考察した「正しい暴論」なのだ。決してただの逆説ではない。
経済格差やニート問題、萌え文化、国際的なテロの横行、愛とセックスとエクスタシー、
それに日本銀行の迷走ぶり……と、さまざまな出来事や事象を材料に、世界の常識とされて
いることを、著者は「不謹慎」に次々と覆していく。
その根本にあるのは、「お金がすべてではない世界や、アンチ弱肉強食の世界を創るために
こそ、経済学は存在する」という信念だ。
そうやって著者の博識とユーモアと毒を楽しみつつ、経済や社会のカラクリを鮮やかに理解
できる一冊である。

●著者からのメッセージ

経済学と聞くと、人は「お金ですべての問題が解決できるとする考え方」とか「社会を弱肉
強食化させようとする考え方」というイメージを持つかもしれない。しかし、僕が考える正しい
経済学は、それとは正反対のものだ。経済学は、過度の競争が行われない社会や、弱肉
強食化しない社会のあり方を考えるためにある。あるいは、「お金ですべての問題が解決
できるわけではない」ことを学ぶためにこそ、経済学の存在意義がある。
それを説明するため、一見、経済とは関係なさそうな話題を取り上げたり、世間で常識とされ
ていることをひっくり返すような逆説(?)を掲げたりしながら、話を進めてみたい。そう考えて書
いたのが本書である。

目次

  • はじめに 「お金がすべてではない世界」を創るために
  • 第1章 パリス・ヒルトンが刑務所で得たもの
  • 第2章 人間関係が希薄化したのは、みんなが望んだからだ
  • 第3章 オーラルセックスとエクスタシーの経済学
  • 第4章 社会保障はテロリストのおかげで生まれた
  • 第5章 官僚の天下り、本当は正しい!
  • 第6章 ニートもハケンも、役人の利権を生むだけだ
  • 第7章 経済の安定は攻撃的ナショナリズムを和らげる
  • 第8章 ボランティアを義務化すると、経済格差が拡大する
  • 第9章 最低賃金を引き上げると、失業も雇用も悪化する
  • 第10章 ノーベル賞受賞者は、なぜ人種差別主義者と呼ばれたのか
  • 第11章 アルファブロガーはラーメン屋に行列する人と同じ
  • 第12章 リークと無責任の海に沈んでいくトンデモ中央銀行
  • 第13章 クーデターが戦前の日本をデフレ地獄に突き落とした
  • 第14章 「主権在米経済」が失われた10年に幕を下ろした
  • 第15章 W杯や五輪が終わると、開催国は不況になる
  • 第16章 世界最大の債務国アメリカの経済はいつ崩壊するのか
  • おわりに エコノミストは横並びがお好き

製品情報

製品名 不謹慎な経済学
著者名 著:田中 秀臣
発売日 2008年02月22日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-282081-3
判型 四六
ページ数 238ページ

著者紹介

著:田中 秀臣(タナカ ヒデトミ)

(たなか・ひでとみ)
1961年生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科単位取得退学。現在、上武大学ビジネス
情報学部准教授。
専門は経済思想史・日本経済論。「リフレ派」経済学者の代表的な論客として、各メディアで
積極的な発言を続けている。サブカルチャーにも造詣が深い。
著書に『経済論戦の読み方』(講談社現代新書)、『エコノミスト・ミシュラン』(共著、太田
出版)、『ベン・バーナンキ 世界経済の新皇帝』(講談社)、『経済政策を歴史に学ぶ』(ソフ
トバンク新書)などがある。
『昭和恐慌の研究』(共著、東洋経済新報社)で第47回日経・経済図書文化賞受賞。