TEST MATCH 宿沢広朗の「遺言」

講談社+α文庫
テストマッチシュクザワヒロアキノユイゴン
  • 電子あり
TEST MATCH 宿沢広朗の「遺言」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

指導力とカリスマ性から、日本ラグビー界の至宝といわれた宿沢広朗が急逝して1年。国際舞台での低迷が続く日本ラグビー再生のヒントは、彼の「遺言」にある! ※本書は1991年12月に刊行された『TEST MATCH』を改題、一部修正して文庫化したもので、文中の人物の肩書、団体の呼称などはすべて原本の刊行当時のままです。


ラグビーという名の戦争!
W杯初勝利までの道程を綴った本書は日本ラグビーを叱咤する宿沢広朗の「遺言」である!

「テストマッチは国と国の戦争である。スポーツという、ラグビーという手段を使った平和的戦争である」――1989年からラグビー日本代表監督を務め、1991年の第2回ワールドカップでは大会史上、日本唯一の勝利を挙げた宿沢広朗。その彼が、勝つために何が必要か、そのためにどのような「ラグビー革命」を遂行すべきなのかを語った。指導力とカリスマ性から、日本ラグビー界の至宝といわれた宿沢が急逝して1年。国際舞台での低迷が続く日本ラグビーの再生のヒントは彼の「遺言」にある!

※本書は1991年12月に刊行された『TEST MATCH』を改題、一部修正して文庫化したもので、文中の人物の肩書、団体の呼称などはすべて原本の刊行当時のままです。

目次

プロローグ──テストマッチとは

VS. SCOTLAND スコットランド戦に勝つために
 ジャパンの監督に抱いた“夢”
 最強のチームを作る
 日本はどういうラグビーをすべきか
 スコットランド戦に勝つために何をしたか
 情報の収集が第一段階だ
 第二段階は情報の分析
 情報戦略の最終作業は情報の伝達と活用だ
 弱い組織ほどチームワークを大事にしたがる

ALL THE WAY TO WORLD CUP 1991 ワールドカップへの道
 ワールドカップ予選突破のために
 強敵・西サモアのラグビー
 トンガ遠征でつかんだ勝つための戦略
 前例にない合宿も戦略のひとつだ
 予選突破への最終準備段階
 念願のワールドカップ出場
 ジンバブエ偵察
 ジンバブエ遠征

TO ENJOY RUGBY 本当のラグビーを楽しむ
 これからのワールドカップ
 五ヵ国対抗とは何か
 英国ラグビー事情
 日本ラグビーの問題点は何か
 どのような選手を育てるか
 レフリングについて
 高校ラグビーについて

WORLD CUP 1991 ワールドカップ監督日記
エピローグ
宿沢ジャパンテストマッチ全記録
日本ラグビー ワールドカップ全記録

製品情報

製品名 TEST MATCH 宿沢広朗の「遺言」
著者名 著:宿沢 広朗
発売日 2007年08月24日
価格 定価 : 本体686円(税別)
ISBN 978-4-06-281135-4
判型 A6変型
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 ’91年12月に刊行された「TEST MATCH」を改題、一部修正して文庫化。

オンライン書店で見る