多重人格者 あの人の二面性は病気か、ただの性格か

こころライブラリー
タジュウジンカクシャ
多重人格者 あの人の二面性は病気か、ただの性格か
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

心の中に住む別人。本当の自分は誰なのか? 多重人格者が生じる原因の多くは幼児期の虐待だが、日本では母子関係による極度のストレスも注目されている。驚くべき発症過程とその症状をイラストで徹底解説。

目次

  • 第1章 心の中にはいつも「別の自分」がいる
  •      別の自分/誰でも「内なる声」を聞いている
  •      多面的な行動/自宅と外出先でふるまい方が違う
  •      多面的な行動/妄想や幻聴を周囲にうったえる
  •      本人の気持ち/周囲とよく衝突して悩んでいる人も
  • 第2章 自分が分裂すると、多重人格に
  •      発症の流れ/発端は虐待や叱責、いじめなど
  •      多重人格者の行動/年齢・性別にそぐわない話し方
  •      多重人格者の行動/記憶が部分的になくなってしまう
  •      本人の気持ち/演技で人をだまそうとはしていない
  • 第3章 主な原因はトラウマやストレス
  •      原因/原因は複雑で、診断もつけにくい
  •      海外では/背景に虐待経験をもつ人が多い
  •      日本では/人間関係のストレスが関わっている
  •      家族の気持ち/自分のせいだと考えてしまいがち
  •      周囲の気持ち/本人の行動に戸惑い、心配している
  • 第4章 多重人格は心のネットワークが断絶した状態
  •      心とは/表面に出たことだけが「意識」になる
  •      心の多重性/アイデンティティは存在しない?
  •      多重人格とは/「内なる声」が聞こえなくなる
  • 第5章 診断名は「解離性同一性障害」
  •      病名/「多重人格」はつかわれなくなっている
  •      関連症状/類似症状は、ほかの病気でもみられる
  •      治療法/精神療法と薬物療法を組み合わせる

製品情報

製品名 多重人格者 あの人の二面性は病気か、ただの性格か
著者名 監:岡野 憲一郎
発売日 2009年03月01日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-278958-5
判型 B20取
ページ数 100ページ
シリーズ こころライブラリーイラスト版