辺界の輝き

ヘンカイノカガヤキ
辺界の輝き
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

サンカ、家船、遊行者、遊芸民 漂泊に生きた人びとに出会う。

五木寛之と、賤民文化研究の第一人者による、日本文化の深層を掘り起こす熱き対談。
日本には、士・農・工・商・穢多・非人、という身分制度からはずれて生きるマージナル・マン(周縁の人)がいた。山の漂泊民「サンカ」、海の漂泊民「家船」、「遊行者」、「遊芸民」……。厳しい差別を受けながらも、豊穣たる文化を育んできた彼らの、虚像と実像に迫る。

<著者のことば>
サンカと呼ばれていた人たち、そして遊行者や遊芸民など、いろんな生業をやっている漂泊の民が、この列島の各地を流動して暮らしていた。そして、あたかも体の中を巡っているリンパ球のように、定住民の村や町を回遊していたわけです。そういう人たちによって、この日本列島の文化というものが広められ、またたえず活性化されていたのではないか、というのが、ぼくの年来の幻想なのです。

製品情報

製品名 辺界の輝き
著者名 著:五木 寛之 著:沖浦 和光
発売日 2006年09月22日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-278207-4
判型 新書
ページ数 208ページ
初出 ’02年3月に岩波書店より単行本として刊行。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス