カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 2

講談社文庫
カジュアルベイカンシートツゼンノクウセキ
カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 2
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

イギリス西部の田舎町、パグフォード。議員のバリーの突然死により、議席に「突然の空席=カジュアル・ベイカンシー」が生まれた。その空席をめぐる選挙に立候補したのは3人。
立候補者と議員の家族、そして「フィールズ」の住人である家族が中心となり、選挙に向かって物語は進む。選挙活動が続く中で、さまざまな「戦い」が明らかになる。「子ども同士の戦い」「富裕層と貧民層の戦い」「嫁姑の戦い」「親子の戦い」「恋人同士の戦い」――。
町の人々の素顔が明らかになり、広がった物語が一気に本流にまとまったときの素晴らしさ。稀代のストーリーテラーがどうしても描きたかった物語がここにある。

「胸が張り裂けそうな気持になる。もうこれ以上ページはめくれないとさえ思う。でも同時にやめるにやめられない」ディープティ・ハジェラ/アソシエイティッド・プレス

「この上なく素晴らしい小説だ……これは本物だ。著者名がJ.K.ローリングでなかったとしても私は意見を変えない」デイヴィッド・ロビンスン/スコッツマン

「野心的でまばゆいばかり。神をも懼れぬ、人の心をかき乱すような大長編。小説とはそもそもこういうものだ。ウソやインチキなど微塵もない。人間とは何か、小説とは何かを知り尽くした者のみが書ける深い感動を呼ぶ物語」レヴ・グロスマン/タイム・マガジン

「忘れがたく素晴らしい登場人物たち…鮮烈な読書体験。心の底から揺さぶられた」エリザベス・グレイック/ピープル・マガジン

「あまりにも面白くて止まらない」マルコム・ジョーンズ/デイリー・ビースト

「ドンドン押しまくられるような読後感」ウォール・ストリート・ジャーナル

「心から感動した」モニカ・ヘス/ワシントン・ポスト

「現代の格差社会を鋭くえぐる悲喜劇。人はどのように生きてゆくべきかというテーマが非常に読みやすい物語で語られる」エマ・リー-ポッター/デイリー・エクスプレス

「『カジュアル・ベイカンシー』は実に魅力的で素晴らしい小説だ。我々の心をつかんで離さない……J.K.ローリングは本当に勇気のある作家だとみずから証明した」
ヘンリー・サットン/ミラー

目次

  • Part 3
  • Part 4
  • Part 5
  • Part 6
  • Part 7
  • 1巻▼Part 1/(Olden Days)/Part 2

製品情報

製品名 カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 2
著者名 著:J.K・ローリング 訳:亀井 よし子
発売日 2014年02月14日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-277772-8
判型 A6
ページ数 496ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2012年11月に小社より刊行。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス