虹果て村の秘密

講談社文庫
ニジハテムラノヒミツ
  • 電子あり
虹果て村の秘密
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「夜に虹が出たら人が死ぬ」という村の言い伝え通りに発生した“密室殺人”の謎に少年&少女探偵が挑む!
懐かしくも新しい本格ミステリの逸品。

推理作家になるという夢を持つ12歳の秀介(しゅうすけ)は、同級生の優希(ゆうき)と虹果て村で夏休みを過ごす。「夜に虹が出たら人が死ぬ」という村の言い伝え通りに、男性が密室状態の自宅で殺害される。折しも土砂崩れのため犯人と共に村に閉じこめられた二人は知恵を振り絞り謎に挑む! 本格ミステリの名手による珠玉の推理。

※本作品は2003年10月「ミステリーランド」シリーズの単行本として刊行され、2012年8月にノベルスとして刊行されました。

目次

  • 第一章 ナスビにゆられて虹の村へ
  • 第二章 インクの匂う部屋
  • 第三章 夏空の向こう側
  • 第四章 ざわめく森
  • 第五章 不吉な三日月が昇る
  • 第六章 朝焼けがくるまでに
  • 第七章 今は一輪のバラを
  • わたしが子どもだったころ
  • ノベルス版あとがき
  • 文庫版あとがき

製品情報

製品名 虹果て村の秘密
著者名 著:有栖川 有栖
発売日 2013年08月09日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-277587-8
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2003年10月「ミステリーランド」シリーズの単行本として刊行され、2012年8月にノベルスとして刊行されたもの。

オンライン書店で見る