垂里冴子のお見合いと推理 vol.3

講談社文庫
スイリサエコノオミアイトスイリVOL3
  • 電子あり
垂里冴子のお見合いと推理 vol.3
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

垂里家最大の懸案事項。それは長女・冴子の結婚問題! 小説家を志し、毎日、原稿ばかり書いている冴子だが、周囲からは次々とお見合い話が舞い込む。それでも、やっぱり、お見合いするたびに事件に巻き込まれ、お相手そっちのけで謎を解くはめに! はてさて、今回の冴子のお見合いの成否は、そして事件の行く末は。 シリーズ第三弾の本作では、『日本殺人事件』の名探偵・東京茶夢との、夢の共演も実現!?

目次

  • 第一部 見合い相手は水も滴る○×△?
  • 第二部 神は寝ている猿

製品情報

製品名 垂里冴子のお見合いと推理 vol.3
著者名 著:山口 雅也
発売日 2013年08月09日
価格 定価 : 本体676円(税別)
ISBN 978-4-06-277531-1
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2009年5月、講談社より「新・垂里冴子のお見合いと推理」と題し、単行本として刊行されたもの。文庫化にあたり改題のうえ、一部を加筆・修正した。

著者紹介

著:山口 雅也(ヤマグチ マサヤ)

神奈川県生まれ。1989年『生ける屍の死』でデビュー。1994年『ミステリーズ』が「このミステリーがすごい!」誌の国内部門第一位に選ばれる。1995年『日本殺人事件』で第48回日本推理作家協会賞を受賞。2002年に発表された『奇偶』は、「偶然」という概念を型破りともいえる視点で扱い、ミステリーの新たな到達点を示した。「キッド・ピストルズ」シリーズも好評を博している。

オンライン書店で見る