藪の奥―眠る義経秘宝

講談社文庫
ヤブノオクネムルヨシツネヒホウ
  • 電子あり
藪の奥―眠る義経秘宝
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

後にトロイア発掘によって世界的な名声を得ることになるシュリーマンは、「黄金郷ヒライズミ」の地図を預かる。一攫千金と名声獲得の野望を胸に、シュリーマンは奥州藤原氏の財宝探しに幕末の日本に渡る。稀少な手がかりを元に財宝の在処を平泉北西の北上山地と割り出し、山道険しい藪の奥を分け進む。財宝目当ての争いに、シュリーマンも短銃を手に持ち構える。はたして財宝は見つかるのか、そして義経北行伝説の真相とは?


後にトロイア発掘によって世界的な名声を得ることになるシュリーマンは、早世した友人チェリョムヒンから、彼の遺言とともに「黄金郷ヒライズミ」の地図を預かる。藤原氏は源頼朝が持ち帰った以外の膨大な財宝を隠したに違いないとチェリョムヒンは考え、その発掘をシュリーマンに託したのだ。一攫千金と名声獲得の野望を胸に、シュリーマンは奥州藤原氏の財宝探しに幕末の日本に渡る。髭を伸ばし蝦夷に化け、横浜居留地から平泉生まれの橘藤や通訳の深野らを伴い平泉に発つ。700年の時を隔て、頼朝が平泉から奥州征伐から戻った行程を逆に辿って平泉に向かう一行。義経にも仕えたという山岳信仰の修験者集団を謎の黒装束の男達が襲い、不穏な状況が漂い始める。稀少な手がかりを元に財宝の在処を平泉北西の北上山地と割り出し、山道険しい藪の奥を分け進む。財宝目当ての争いに、シュリーマンも短銃を手に持ち構える。はたして財宝は見つかるのか、そして義経北行伝説の真相とは?

目次

  • 序章
  • 第一章 横浜
  • 第二章 旅路
  • 第三章 平泉
  • 第四章 経塚
  • 第五章 財宝

製品情報

製品名 藪の奥―眠る義経秘宝
著者名 著:平谷 美樹
発売日 2012年12月14日
価格 定価 : 本体629円(税別)
ISBN 978-4-06-277425-3
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る