悪道

講談社文庫
アクドウ
  • 電子あり
悪道
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時は元禄。将軍綱吉が柳沢邸に御成り中、天下の大乱を招きかねない変事が勃発。吉保は秘密を知るもののみなごろしを暗殺集団猿蓑衆に命ずる。伊賀忍者の末裔の流英次郎は天才女医のおそでを護り、おくのほそ道を血に染め、逃亡の旅へ。強大な敵の喉元に迫るは不屈の一寸の虫たち。一方、江戸城奥深くでは、生きる屍のような「影」が「このまま飼い殺しにされてたまるか」と、その時を待っていた……。人の業を問う、傑作時代小説。


将軍綱吉が柳沢邸に御成り中、天下の大乱を招きかねない変事が勃発。吉保(よしやす)は秘密を知る者の鏖(みなごろし)を暗殺集団猿蓑衆(さるみのしゅう)に命ずる。伊賀忍者末裔の英次郎は天才女医おそでを護り、おくのほそ道を血に染め逃亡の旅へ。強大な敵の喉元に迫るは不屈の一寸の虫たち。死闘の行方は!?
吉川英治文学賞に輝く時代小説の最高峰!

目次

  • 抹殺の名簿
  • 名簿の順位
  • 秘匿刺客集団
  • 人商街道
  • 色なき眼色
  • 影への布石
  • 巨大な敵影
  • 悲しみの足跡
  • 順達された喧嘩
  • 掘り出された人形
  • 鏖峠
  • 猿の捨て子
  • 吉保の誤算
  • 隆光の示唆
  • ごまめの衝撃
  • 化け物の視野
  • 江戸の匂い
  • 野良犬の昇格
  • 暗殺された寝床
  • 宿命の終身囚

製品情報

製品名 悪道
著者名 著:森村 誠一
発売日 2012年10月16日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-277393-5
判型 A6
ページ数 544ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2010年8月に講談社創業100周年書き下ろし作品として刊行され、2011年4月に吉川英治文学賞を受賞。

オンライン書店で見る