猫間地獄のわらべ歌

講談社文庫
ネコマジゴクノワラベウタ
  • 電子あり
猫間地獄のわらべ歌
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

お江戸で、密室。館ものに、見立て殺人!

驚天動地の王道推理!
ミステリファンもご注目を!
時代小説の暴れん坊・幡大介、講談社文庫に初登場。

驚愕のラストに、開いた口がふさがらない!

時は天保。海の向こうのエゲレスでは、『モルグ街の殺人』とやらが書かれる五十年も前。
花のお江戸の猫間藩下屋敷は、上へ下への大騒ぎ。お書物蔵で藩士が腹切って死んだという。不祥事発覚→失脚をおそれた藩主の愛妾和泉ノ方は、外部犯による他殺をでっち上げよ、と命じる始末。留め金の掛かった蔵は、誰も入れぬ“密室”であった。
銀山で潤うのはお偉方と商人ばかり、大半は飢える寸前の猫間藩。国許(くにもと)の城下では、次々起こる惨殺事件を暗示するかのように、ぶきみなわらべ歌が流行(はや)っていた。
……頼りなげな目付役所の若侍、静馬との“推理”は、お先真っ暗のこの藩を救うのか?

製品情報

製品名 猫間地獄のわらべ歌
著者名 著:幡 大介
発売日 2012年07月13日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-277313-3
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:幡 大介(バン ダイスケ)

1968年栃木県生まれ。武蔵野美術大学造形学部卒。テレビ局嘱託職員、CM制作会社などを経て、文筆業に。2008年、『天下御免の信十郎』(二見時代小説文庫)でデビュー。腹の底から笑える、スケールの大きい作風で頭角をあらわす。「大富豪同心」(双葉文庫)、「独活の丙内密命録」(竹書房時代文庫)、「関八州御用狩り」(ベスト時代文庫)などのシリーズがある。お江戸が舞台の本格ミステリに挑んだ、前代未聞の野心作『猫間地獄のわらべ歌』を引っさげ、講談社文庫に初登場。

オンライン書店で見る