千世と与一郎の関ヶ原

講談社文庫
チヨトヨイチロウノセキガハラ
  • 電子あり
千世と与一郎の関ヶ原
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

細川忠興(ただおき)の嫡子与一郎は秀吉の仲立ちで前田利家の七女千世を娶った。睦まじい夫婦ぶりも束の間、秀吉の死後家康から前田家との縁切りを迫られる。姑の玉も石田三成が人質にとろうとするのを拒んで自害し、追い詰められた千世は屋敷を逃れて落魄(らくはく)の身に……。関ヶ原の思わぬ実像を描き出した傑作歴史小説。(講談社文庫)


運命に翻弄された夫婦の絆
傑作歴史小説、早くも文庫に!

細川忠興(ただおき)の嫡子与一郎は秀吉の仲立ちで前田利家の七女千世を娶った。睦まじい夫婦ぶりも束の間、秀吉の死後家康から前田家との縁切りを迫られる。姑の玉も石田三成が人質にとろうとするのを拒んで自害し、追い詰められた千世は屋敷を逃れて落魄(らくはく)の身に……。関ヶ原の思わぬ実像を描き出した傑作歴史小説。

目次

  • 第一章 阿修羅の形相
  • 第二章 聚楽の落日
  • 第三章 千世の哀願
  • 第四章 思いがけない強敵
  • 第五章 おののく家康
  • 第六章 間近に見る敵
  • 第七章 夢のあと
  • 第八章 京文化界の長老
  • あとがきに代えて

製品情報

製品名 千世と与一郎の関ヶ原
著者名 著:佐藤 雅美
発売日 2012年02月15日
価格 定価 : 本体743円(税別)
ISBN 978-4-06-277184-9
判型 A6
ページ数 488ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本作品は、講談社創業100周年記念書き下ろし作品として、2009年1月に単行本として小社より刊行されたもの。

オンライン書店で見る