アカネちゃんの涙の海

講談社文庫
アカネチャンノナミダノウミ
アカネちゃんの涙の海
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

酒井駒子の絵と共に復刊!
地球がやけどしたら、人間だってやけどする。生きるものには、サヨナラがある。全部この本が教えてくれる。

「すべては、私にとっての真実でした」松谷みよ子

誕生日、おおかみの姿でアカネちゃんの所に来たパパには、実は死に神が近寄っていた。モモちゃんとアカネちゃんは多くの出会いや別れを経験し、前に歩き続ける。どうして人は亡くなるの? 核実験や戦争は誰がなぜするの? 『アカネちゃんとお客さんのパパ』『アカネちゃんのなみだの海』収録。解説・東直子

「なんとかなるものよ――モモちゃんシリーズを、今一気読みした私に、作者の、あるいは作中のママの声が降ってきました。気持ちがふっと軽くなるのを感じます。この物語は、子どもの時間に一度さようならをした大人がもう一度、生き続けていくことを『なんとかなる』と再確認するために読まれるべき物語なのではないかと思います」――(東直子 解説より抜粋)

※本書は、小社より1983年に刊行された『アカネちゃんとお客さんのパパ』と1992年に刊行された『アカネちゃんのなみだの海』を一冊にまとめ、修正のうえ文庫化したものです。

製品情報

製品名 アカネちゃんの涙の海
著者名 著:松谷 みよ子
発売日 2012年01月17日
価格 定価 : 本体581円(税別)
ISBN 978-4-06-277158-0
判型 A6
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 小社より1983年に刊行された「アカネちゃんとお客さんのパパ」と1992年に刊行された「アカネちゃんのなみだの海」を1冊にまとめ、修正のうえ文庫化したもの。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス