凶鳥の如き忌むもの

講談社文庫
マガトリノゴトキイムモノ
  • 電子あり
凶鳥の如き忌むもの
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

空前絶後の人間消失。巫女が消える!
見事な消失、ミステリー界騒然!! 瀬戸内海の鳥坏島、断崖絶壁の拝殿で行われる<鳥人の儀>とは何か? 刀城言耶シリーズ第二長編、待望の刊行。

目次

  • はじめに
  • 第一章  凶鳥の舞う島へ
  • 第二章  兜離の浦の民俗史
  • 第三章  鵺敷神社の巫女たち
  • 第四章  鳥女の化物
  • 第五章  鳥坏島
  • 第六章  集会所の夕餉
  • 第七章  鳥人の儀
  • 第八章  中空に鳥女を用心すべし
  • 第九章  二人目が消える……
  • 第十章  人間消失の分類と方法
  • 第十一章 更ける夜、深まる謎
  • 第十二章 三人目が消える……
  • 第十三章 鴆という名の毒鳥
  • 第十四章 暗闇の奥へ
  • 第十五章 四人目が消える……
  • 第十六章 明ける夜、解ける謎
  • 終章   五人目が消える……

製品情報

製品名 凶鳥の如き忌むもの
著者名 著:三津田 信三
発売日 2012年10月16日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-277154-2
判型 A6
ページ数 576ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2006年9月に小社よりノベルスとして、2009年4月に原書房より単行本として、それぞれ刊行された。

オンライン書店で見る