スラッシャー 廃園の殺人

講談社文庫
スラッシャーハイエンノサツジン
  • 電子あり
スラッシャー 廃園の殺人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

異形のホラー作家が巨額の費用をかけ、造りあげた廃墟庭園。そこでは行方不明者が続出し、遺体で発見される者も出て、遂に作家自身まで姿を消す。その場所、<魔庭(まてい)>を訪れた映画関係者たちに想像を絶する恐怖と怪異が襲いかかる。殺戮を繰り返す黒怪人とは何者なのか? “庭”が“館”が襲いくるホラーミステリ! (講談社文庫)


ホラー作家が理想をこめて造り上げた廃墟庭園。やがて作家は姿を消し、忍び込んだ大学生達は遺体で発見された。訪れた映画スタッフに黒い影が忍び寄る……。

製品情報

製品名 スラッシャー 廃園の殺人
著者名 著:三津田 信三
発売日 2012年09月14日
価格 定価 : 本体676円(税別)
ISBN 978-4-06-277153-5
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2007年6月、小社より講談社ノベルスとして刊行されたもの。

オンライン書店で見る