花曇り

講談社文庫
ハナグモリ
  • 電子あり
花曇り
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

囲碁のタイトル位にまつわる因縁の対決(「花曇り」)、テレビ局の女子清掃員に降りかかる受難(「クリーン・スタッフの憧憬」)、ビンゴというピンボール風のめずらしいゲーム機が呼び起こす青春の一幕(「三十年後」)など、ひねりのきいた意想外の結末と情味あふれるミステリー短編集。


因縁の対決にのぞむ棋士の思い
乱歩賞受賞作『翳りゆく夏』の作者が描き出す人生の光と影! ミステリー短編集

囲碁のタイトル位にまつわる因縁の対決(「花曇り」)、テレビ局の女子清掃員に降りかかる受難(「クリーン・スタッフの憧憬」)、ビンゴというピンボール風のめずらしいゲーム機が呼び起こす青春の一幕(「三十年後」)など、ひねりのきいた意想外の結末と情味あふれるミステリー短編集。『どこかの街の片隅で』改題。

目次

  • 老猿の改心
  • 遊園地の一齣
  • クリーン・スタッフの憧憬
  • 紙ヒコーキの一齣
  • 三十年後
  • アリバイの一齣
  • 青の告白
  • 善意の一齣
  • 花曇り
  • 誘拐の一齣

製品情報

製品名 花曇り
著者名 著:赤井 三尋
発売日 2011年05月13日
価格 定価 : 本体629円(税別)
ISBN 978-4-06-276957-0
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2008年5月に小社より刊行された「どこかの街の片隅で」を改題したもの。

オンライン書店で見る