顰蹙文学カフェ

講談社文庫
ヒンシュクブンガクカフェ
顰蹙文学カフェ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

<ゲスト>
島田雅彦/中原昌也/車谷長吉/古井由吉/瀬戸内寂聴
文学は顰蹙(ひんしゅく)買ってナンボ! 多彩で偉大で顰蹙なゲストを迎え、「文学さん」への愛を語る鼎談集

太宰治も三島由紀夫も中上健次も皆「顰蹙」の人だった? 文学は顰蹙買ってナンボ! 顰蹙買うのも才能のうち! 自らを顰蹙作家と自認する店長・高橋、副店長・山田両氏が発見した顰蹙文学の魅力とは? 多彩で偉大で顰蹙で目の離せないゲストを迎え、「文学さん」への捩れた愛を語り尽くす抱腹絶倒の鼎談集。

製品情報

製品名 顰蹙文学カフェ
著者名 著:高橋 源一郎 著:山田 詠美
発売日 2011年06月15日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-276954-9
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『群像』2005年1、4、8、12月号、2006年7月号、2008年4月号。2008年6月、単行本として刊行された。