死という鏡 この30年の日本文芸を読む

講談社文庫
シトイウカガミコノサンジュウネンノニホンブンゲイヲヨム
  • 電子あり
死という鏡 この30年の日本文芸を読む
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

狂奔の1980年代から30年の小説は、みなが眼を背けてきたはずの、「死」にまみれていた――。まったく新しい視点で現代文学を読み解く、感動的なブックガイド。村上春樹『1Q84』、よしもとばなな『アムリタ』、小川洋子『博士の愛した数式』、綿矢りさ『蹴りたい背中』など、全58作品を解説。人はなぜ小説を書くのか。人はなぜ小説を読むのか。心の深いところが揺さぶられ、とてもよくわかる評論集。


気鋭の作家の読み解き58話
人はなぜ、小説を書くのか
人はなぜ、小説を読むのか
心の深いところが揺さぶられ、とてもよくわかる評論集。

狂奔の1980年代から30年の小説は、みなが眼を背けてきたはずの、「死」にまみれていた――。まったく新しい視点で現代文学を読み解く、感動的なブックガイド。村上春樹『1Q84』、よしもとばなな『アムリタ』、小川洋子『博士の愛した数式』、綿矢りさ『蹴りたい背中』など、全58作品を解説。<文庫オリジナル>

目次

  • はじめに──やさしくて、ほの明るい、無常の文学
  • 01 村上春樹    羊をめぐる冒険
  • 02 村上春樹    ダンス・ダンス・ダンス
  • 03 村上春樹    ねじまき鳥クロニクル
  • 04 村上春樹    1Q84
  • 05 よしもとばなな ムーンライト・シャドウ
  • 06 よしもとばなな アムリタ
  • 07 よしもとばなな 最後の日
  • 08 小川洋子    冷めない紅茶
  • 09 小川洋子    博士の愛した数式
  • 10 村上龍     コインロッカー・ベイビーズ
  • 11 村上龍     イン ザ・ミソスープ
  • 12 南木佳士    ダイヤモンドダスト
  • 13 鈴木光司    リング
  • 14 岩井志麻子   ぼっけえ、きょうてえ
  • 15 高村薫     レディ・ジョーカー
  • 16 浅田次郎    鉄道員
  • 17 浅田次郎    立花新兵衛只今罷越候
  • 18 桐野夏生    OUT
  • 19 桐野夏生    柔らかな頬
  • 20 桐野夏生    魂萌え!
  • 21 宮部みゆき   火車
  • 22 宮部みゆき   理由
  • 23 東野圭吾    白夜行
  • 24 東野圭吾    手紙
  • 25 篠田節子    ゴサインタン──神の座──
  • 26 北方謙三    檻
  • 27 梨木香歩    西の魔女が死んだ
  • 28 湯本香樹実   夏の庭 The Friends
  • 29 川上弘美    センセイの鞄
  • 30 川上弘美    真鶴
  • 31 宮本輝     五千回の生死
  • 32 宮本輝     花の降る午後
  • 33 宮本輝     草原の椅子
  • 34 高樹のぶ子   透光の樹
  • 35 高橋源一郎   さようなら、ギャングたち
  • 36 辻原登     遊動亭円木
  • 37 辻原登     ジャスミン
  • 38 池澤夏樹    マシアス・ギリの失脚
  • 39 村田喜代子   蕨野行
  • 40 保坂和志    残響
  • 41 松浦寿輝    半島
  • 42 笙野頼子    二百回忌
  • 43 阿部和重    シンセミア
  • 44 町田康     告白
  • 45 吉田修一    悪人
  • 46 絲山秋子    沖で待つ
  • 47 田口ランディ  コンセント
  • 48 角田光代    ロック母
  • 49 白石一文    この胸に深々と突き刺さる矢を抜け
  • 50 山田詠美    トラッシュ
  • 51 多和田葉子   容疑者の夜行列車
  • 52 平野啓一郎   決壊
  • 53 綿矢りさ    蹴りたい背中

製品情報

製品名 死という鏡 この30年の日本文芸を読む
著者名 著:三輪 太郎
発売日 2011年03月15日
価格 定価 : 本体629円(税別)
ISBN 978-4-06-276890-0
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『毎日新聞』2009年4月2日~2010年6月24日に連載されたものを加筆・修正したもの。

オンライン書店で見る