南天

講談社文庫
ナンテン
  • 電子あり
南天
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

主君浅野内匠頭(たくみのかみ)の仇・吉良を討つべく策を巡らせる浪士たち。片岡源五右衛門の下僕元助(もとすけ)は、上野介(こうずけのすけ)討伐の密命を帯び、山伏の形(なり)にて上野山中へと向かう。仇討ちを巡るもうひとつの攻防を描いた表題作ほか、「試し胴」「小笠原ミゲル始末」「へそくらへ」「牢人噺」「枝もゆるがず」の6編を収録した、歴史異聞短編集。 (講談社文庫)


怪ッ態にして本格!
「忠臣蔵」の悪党、大野九郎兵衛秘話ほか歴史の間隙を鮮やかに描き出す東郷隆の傑作歴史短編集。

主君浅野内匠頭(たくみのかみ)の仇・吉良を討つべく策を巡らせる浪士たち。片岡源五右衛門の下僕元助(もとすけ)は、上野介(こうずけのすけ)討伐の密命を帯び、山伏の形(なり)にて上野山中へと向かう。仇討ちを巡るもうひとつの攻防を描いた表題作ほか、「試し胴」「小笠原ミゲル始末」「へそくらへ」「牢人噺」「枝もゆるがず」の6編を収録した、歴史異聞短編集。

目次

  • 南天
  • 試し胴
  • 小笠原ミゲル始末
  • へそくらへ
  • 牢人噺
  • 枝もゆるがず
  • 「南天」を書いた頃

製品情報

製品名 南天
著者名 著:東郷 隆
発売日 2011年01月14日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-276872-6
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1995年2月に小社から刊行された短編集から「縦隊」を除き、「枝もゆるがず」(初出「歴史ピープル」1991年1月号)を収録して文庫化した。

オンライン書店で見る