梟首の島(下)

講談社文庫
キョウシュノシマゲ
  • 電子あり
梟首の島(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「幽霊新聞」の発行で警察に追われた東吉は、自らも自由への熱意を燃やす母を残して上京し、東京の民権家と行動を共にする。だが、テロ化した運動は加波山事件に発展し、その限界に近づいていく――。一方ロンドンの光明は、遂に留学生イワガミの死の真相に辿り着く。個々人の革命を描いた物語、衝撃の後編。(講談社文庫)


女の腹に“自由”は孕まれ、育まれる
自由民権を闘った熱き者たちの物語

ロンドンと高知――それぞれの闘いはどこに向かって結実するのか!? 知られざる歴史を描いた傑作長編

民権運動の大義名分を掲げる男に女は爪弾きにされる。女のやり方があるはずだ、母・むめは考える。

「幽霊新聞」の発行で警察に追われた東吉は、自らも自由への熱意を燃やす母を残して上京し、東京の民権家と行動を共にする。だが、テロ化した運動は加波山事件に発展し、その限界に近づいていく――。一方ロンドンの光明は、遂に留学生イワガミの死の真相に辿り着く。個々人の革命を描いた物語、衝撃の後編。

製品情報

製品名 梟首の島(下)
著者名 著:坂東 眞砂子
発売日 2009年09月15日
価格 定価 : 本体724円(税別)
ISBN 978-4-06-276468-1
判型 A6
ページ数 480ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 学芸通信社の配信により、熊本日日新聞(2003年4月30日~2004年10月13日)秋田魁新報、中國新聞、信濃毎日新聞、北國新聞、神戸新聞、高知新聞に、順次連載されたものを、単行本化にあたり全面改稿し、2005年12月に小社より刊行した。

オンライン書店で見る