ギヤマン壺の謎 名探偵夢水清志郎事件ノート外伝

講談社文庫
ギヤマンツボノナゾメイタンテイユメミズキヨシロウジケンノートガイデン
ギヤマン壺の謎 名探偵夢水清志郎事件ノート外伝
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

黒船あらわる時代。長崎の出島で、高価なギヤマンの壺(つぼ)が蔵から消えた。“密室”の謎を鮮やかに解いてみせたのは黒ずくめの怪しい男夢水清志郎左右衛門(ゆめみずきよしろうざえもん)だった。土佐弁の愉快な侍(さむらい)と道中をともにし、江戸に着いた彼は三姉妹が大家の割長屋(わりながや)で暮らすことに。みんなを幸せにする夢水シリーズ、痛快番外大江戸編!!

製品情報

製品名 ギヤマン壺の謎 名探偵夢水清志郎事件ノート外伝
著者名 著:はやみね かおる
発売日 2009年07月15日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-276412-4
判型 A6
ページ数 290ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1999年7月に講談社青い鳥文庫として刊行された。

著者紹介

著:はやみね かおる(ハヤミネ カオル)

1964年三重県生まれ。三重大学教育学部卒業後、小学校の教師に。子供たちを夢中にさせる本を探すうちに自ら書きはじめ、『怪盗道化師(ピエロ)』で第30回講談社児童文学新人賞に入選。『そして五人がいなくなる』以降、講談社青い鳥文庫で始まった「名探偵夢水清志郎事件ノート」シリーズは『卒業』まで15作(「怪盗クイーン」との共演作ふくむ)を数え、ジュニア向けにとどまらない本格ミステリとして抜群の人気シリーズとなっている。また同シリーズは第33回講談社漫画賞児童部門受賞作(漫画えぬえけい氏)に選ばれた。このほか「怪盗クイーン」シリーズ(講談社青い鳥文庫)、「虹北(こうほく)商店街」シリーズ(講談社ノベルス)、「都会(まち)のトム&ソーヤ」シリーズ(講談社YA!ENTERTAINMENT)、『ぼくと未来屋の夏』(講談社ミステリーランド)、『ぼくらの先生!』『恐竜がくれた夏休み』(ともに講談社)など著書多数。勇嶺薫名義による本格ミステリ『赤い夢の迷宮』(講談社ノベルス)も話題に。