いのちのバトン

講談社文庫
イノチノバトン
  • 電子あり
いのちのバトン
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

親子関係にトラブルをきたしている人、障害のある子どもを育てている母親、自閉症児、そして末期ガンを患う人……大きな苦しみを抱えて孤独に陥った人のかたわらで、そっと耳を傾けるカウンセリング。痛む心に人と自然とのつながりを取り戻したり、悩みに支配された心の中の整理整頓を手伝うバースセラピストによる、心に沁みるエピソードの数々。読んでいるうちにしずかに心が癒される、奇跡のエッセイ集。(講談社文庫)


親子関係にトラブルをきたしている人、障害のある子どもを育てる母親、自閉症児、そして末期ガンを患う人……。大きな苦しみを抱えて孤独に陥った人のかたわらで、そっと耳を傾け、人や自然とのつながりを心に取り戻したり、悩みに支配された心の中の整理整頓を手伝うバースセラピストの、奇跡のエッセイ集。

目次

  • はじめに
  • いのちのバトン
  • バースデー・メッセージ
  • 誕生が教えてくれたこと
  • おっぱいバイバイ
  • 助けを呼んで
  • 台所のカウンセリング
  • ほんとうの奇跡
  • あとがき
  • 文庫化にあたって

製品情報

製品名 いのちのバトン
著者名 著:志村 季世恵
発売日 2009年07月15日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-276409-4
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2002年7月、岩崎書店より刊行された。

著者紹介

著:志村 季世恵(シムラ キヨエ)

1962年生まれ。バースセラピスト。'90年「癒しの森」を故志村紘章氏と共に立ち上げ、カウンセリングを担当。心や体にトラブルを抱える女性をメインに、その数は3万人を超える。ターミナルケアにも関わり、セラピーに携わる。2007年「癒しの森」を閉院。現在はフリーでカウンセリングや、末期ガンを患う人へのメンタルサポートを行う。「こども環境会議」代表、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパン」理事。4児の母。『産んだら育つ!』(文化出版局)、『大人のための幸せレッスン』(集英社新書)などの著書がある。

オンライン書店で見る