草臥し日記 萬月夜話其の三

講談社文庫
クサブシニッキマンゲツヤワソノサン
  • 電子あり
草臥し日記 萬月夜話其の三
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「彷徨い疲れて地面に転がり、胎児のように躯を丸める。やがてそこに夜露がしんしんと降りてくるのです。あの夜を纏って肌がしっとりしていく瞬間の清浄な気配は、何ものにも代え難い」。究極の、怠惰と自由の快楽を味わい尽くすために、作家は今日も草臥(くさぶ)す=野宿する。優しく深く、脳髄を痺れさせるエッセイ。(講談社文庫)


ふらりと家を出て青草の敷き布団に夜空の掛け布団
ブルースフルな日記エッセイ

「彷徨い疲れて地面に転がり、胎児のように躯を丸める。やがてそこに夜露がしんしんと降りてくるのです。あの夜を纏って肌がしっとりしていく瞬間の清浄な気配は、何ものにも代え難い」。究極の、怠惰と自由の快楽を味わい尽くすために、作家は今日も草臥(くさぶ)す=野宿する。優しく深く、脳髄を痺れさせるエッセイ。

製品情報

製品名 草臥し日記 萬月夜話其の三
著者名 著:花村 萬月
発売日 2009年05月15日
価格 定価 : 本体676円(税別)
ISBN 978-4-06-276363-9
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2003年5月号~2008年4月号の『オール讀物』に掲載。

オンライン書店で見る