『ギロチン城』殺人事件

講談社文庫
ギロチンジョウサツジンジケン
  • 電子あり
『ギロチン城』殺人事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

探偵のナコと学生の頼科が見つけた写真には、ギロチンの前で助けを求める女性の姿が。2人は彼女を救うため、不吉な過去をもつ『ギロチン城』へ。外界から隔絶された密室で、犯人探しに挑む。連続する新たな密室殺人。一体、誰が何のために!? 不可能を可能にしたトリックとは? 〈城〉シリーズ第4弾。(講談社文庫)


人間の人形化がもたらした悲劇とは?
何かしなければ崩壊する。でも何かしても崩壊する。そんな局面に立たされたら、人間はどうしたらいいのだろう――本文より

探偵のナコと学生の頼科が見つけた写真には、ギロチンの前で助けを求める女性の姿が。2人は彼女を救うため、不吉な過去をもつ『ギロチン城』へ。外界から隔絶された密室で、犯人探しに挑む。連続する新たな密室殺人。一体、誰が何のために!? 不可能を可能にしたトリックとは? 〈城〉シリーズ第4弾。

製品情報

製品名 『ギロチン城』殺人事件
著者名 著:北山 猛邦
発売日 2009年03月13日
価格 定価 : 本体724円(税別)
ISBN 978-4-06-276297-7
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2005年2月小社ノベルスとして刊行。

オンライン書店で見る