夜叉神峠 死の起点 警視庁北多摩署特捜本部

講談社文庫
ヤシャジントウゲシノキテンケイシチョウキタタマショトクソウホンブ
夜叉神峠 死の起点 警視庁北多摩署特捜本部
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

読むと愉快になれるこれぞ人情派警察小説

南アルプスの絶景を堪能したウマさんこと相馬刑事は、自殺を図る女性を救った。だがその岩倉貴美子はなぜか黙して語らない。北多摩署管内では、警官2名が刺殺され拳銃が奪われる凶悪事件が発生。麓の宿にいた不審人物をマークした相馬は、得意の独自捜査で貴美子を再訪する。さあ、北多摩署の弔い合戦だ!

※本書は1997年5月に光文社文庫より刊行されました。

製品情報

製品名 夜叉神峠 死の起点 警視庁北多摩署特捜本部
著者名 著:太田 蘭三
発売日 2008年08月12日
価格 定価 : 本体667円(税別)
ISBN 978-4-06-276125-3
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1997年5月に光文社文庫より刊行され、講談社文庫収録にあたり、シリーズ名を「警視庁北多摩署特捜本部」にあらためた。