十津川警部 五稜郭殺人事件

講談社文庫
トツガワケイブゴリョウカクサクジンジケン
  • 電子あり
十津川警部 五稜郭殺人事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東京・四谷のウィークリィマンションで、ひとりの男性の刺殺体が発見された。床には〈ゴリョウカクト〉という血文字のダイイングメッセージが……。被害者はIT産業の技術者で、函館に新会社設立を計画する「函館新撰組」の中心人物だった。彼が遺した言葉の意味と事件の真相を、十津川は解き明かせるか。(講談社文庫)


若手技術者が遺した死文字(ダイイングメッセージ)。函館・五稜郭に隠された謎

東京・四谷のウィークリィマンションで、ひとりの男性の刺殺体が発見された。床には〈ゴリョウカクト〉という血文字のダイイングメッセージが……。被害者はIT産業の技術者で、函館に新会社設立を計画する「函館新撰組」の中心人物だった。彼が遺した言葉の意味と事件の真相を、十津川は解き明かせるか。

製品情報

製品名 十津川警部 五稜郭殺人事件
著者名 著:西村 京太郎
発売日 2008年06月13日
価格 定価 : 本体495円(税別)
ISBN 978-4-06-276075-1
判型 A6
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 「小説現代」2004年3月号~9月号。本書は2004年12月、講談社ノベルスとして刊行。

関連シリーズ

オンライン書店で見る