待てば海路の殺しあり

講談社文庫
マテバカイロノコロシアリ
待てば海路の殺しあり
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

釣部渓三郎、大海原で大きな謎を釣り上げる

駿河湾でミュージカル女優の絵梨子とクルージングを愉しんだあと、釣部渓三郎は思わぬ大物を釣り上げる。それは若い女性の扼殺死体。発砲事件などで揺れる西東京銀行新宿支店の女子行員だとわかる。今度はその支店長が、絵梨子と一緒に死体で発見された。親密になったばかりの名探偵釣部に、衝撃が走る!

※本書は1998年5月に角川文庫より刊行されました。なお、船舶免許、客船などの記述は作品発表当時のものです。

製品情報

製品名 待てば海路の殺しあり
著者名 著:太田 蘭三
発売日 2008年02月15日
価格 定価 : 本体571円(税別)
ISBN 978-4-06-275970-0
判型 A6
ページ数 360ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’98年5月に角川文庫より刊行。