新装版 おんなみち(中)

講談社文庫
シンソウバンオンナミチチュウ
  • 電子あり
新装版 おんなみち(中)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

清華堂の若奥様となり、娘にも恵まれた世津はつかのまの幸せを噛みしめる。だが家運を賭けた大取引に失敗した夫は女に溺れ、支えであった父は老舗の行く末を憂えながら逝ってしまう。そんな時、少壮実業家となった信吉と再会した世津は、胸の奥深くに沈めていた恋情が、未だ燃えつきてはいないことを知る。


お前……後悔しているだろうな
思いがけない信吉との再会。世津の胸に秘めていた恋情がよみがえる。

清華堂の若奥様となり、娘にも恵まれた世津はつかのまの幸せを噛みしめる。だが家運を賭けた大取引に失敗した夫は女に溺れ、支えであった父は老舗の行く末を憂えながら逝ってしまう。そんな時、少壮実業家となった信吉と再会した世津は、胸の奥深くに沈めていた恋情が、未だ燃えつきてはいないことを知る。

平岩作品に共通するのが、人情の機微や親子兄弟など微妙で複雑な人間関係の綾を、見事に描いている点だ。加えて、巧みなストーリー展開が読者を飽きさせない。更に、さり気なく挿入される日本の伝統的な芸能や古典文学の世界が、隠し味となって作品に深みを与える。平岩弓枝は、間違いなく現代における最も勝れた物語作家の1人なのである。『おんなみち』には、平岩作品を彩る重要なファクターのすべてがちりばめられているといっていい。――<解説(高橋千劔破・下巻収録)より>

目次

  • 輪廻
  • 再会
  • 縁談
  • 冬枯れ
  • 華燭
  • 娘の恋
  • 冬の月
  • 二つの恋
  • 不死鳥

製品情報

製品名 新装版 おんなみち(中)
著者名 著:平岩 弓枝
発売日 2007年11月15日
価格 定価 : 本体752円(税別)
ISBN 978-4-06-275875-8
判型 A6
ページ数 528ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 底本:小社文庫『おんなみち(中)』’81年2月刊行。

オンライン書店で見る