幕末御用盗

講談社文庫
バクマツゴヨウトウ
  • 電子あり
幕末御用盗
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

京都朝廷から薩摩藩へ倒幕の密勅が下った慶応3年秋。倒幕戦の端緒をつかもうと西郷吉之助は、江戸に騒擾を起こすべく、浪士を集め御用盗なる組織をつくり、幕府御用達の豪商を襲わせた。その中の1人に薩摩示現流の使い手・大迫新太郎がいた……。維新の変革の裏面史を鮮やかに描いた痛快傑作歴史長編。


京都朝廷から薩摩藩へ倒幕の密勅が下った慶応3年秋。倒幕戦の端緒をつかもうと西郷吉之助は、江戸に騒擾を起こすべく、浪士を集め御用盗なる組織をつくり、幕府御用達の豪商を襲わせた。その中の1人に薩摩示現流の使い手・大迫新太郎がいた……。維新の変革の裏面史を鮮やかに描いた痛快傑作歴史長編。(講談社文庫)

目次

  • 発 端
  • 昔の縁
  • 薩摩屋敷焼討ち
  • 京 都
  • 赤報隊
  • 江戸潜入
  • 乱れ雲
  • 別れ道

製品情報

製品名 幕末御用盗
著者名 著:津本 陽
発売日 2006年11月15日
価格 定価 : 本体514円(税別)
ISBN 978-4-06-275575-7
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2003年11月小社より刊行。

オンライン書店で見る