奇偶(下)

講談社文庫
キグウ
  • 電子あり
奇偶(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「骰子一擲(とうしいってき)いかで偶然を廃棄すべき」では、偶然は起こりうるということか。恋人・シルフィーの失踪と背後に見え隠れする宗教団体「奇偶」。2つを追ううち事態は究極の密室殺人、ついには易経による見立て殺人の様相を呈し始める……。偶然と必然という命題に、フィクションの限りを尽くして挑んだ著者畢生(ひっせい)の大作!


偶然に翻弄される推理作家が、彷徨する不可思議な世界
「偶然」が連鎖する世界を描破した異形の書!

「骰子一擲(とうしいってき)いかで偶然を廃棄すべき」では、偶然は起こりうるということか。恋人・シルフィーの失踪と背後に見え隠れする宗教団体「奇偶」。2つを追ううち事態は究極の密室殺人、ついには易経による見立て殺人の様相を呈し始める……。偶然と必然という命題に、フィクションの限りを尽くして挑んだ著者畢生(ひっせい)の大作!

目次

  • 『猿神の家』 火渡雅
  • 太極
  • 奇偶領域
  • 好事家のためのノート
  • Someone to Watch Over Me

製品情報

製品名 奇偶(下)
著者名 著:山口 雅也
発売日 2006年10月13日
価格 定価 : 本体571円(税別)
ISBN 978-4-06-275545-0
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2002年10月に小社より単行本として刊行。2005年9月にノベルス化。                                 

オンライン書店で見る