中央構造帯(下)

講談社文庫
チュウオウコウゾウタイゲ
著・解説:内田 康夫
  • 電子あり
中央構造帯(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

行員の怪死は、やはり将門の祟りなのか。浅見光彦は、「将門の椅子」の後任・川本と会い、調べを進めるうちに、次々と将門ゆかりの地を踏破する。それらは、日本列島を貫く中央構造線上に重なっていた。経済の暗部、歴史に潜む闇、世紀を超えた壮大な謎を追う浅見光彦が、伝説の深奥に見つけた驚愕の真相とは。(講談社文庫)


甦る「将門伝説」。浅見光彦が謎に挑む! 伝説の首塚に背を向けた「将門の椅子」に座ると死が訪れる。迷信は現実となり、エリート銀行員が次々に怪死。浅見光彦が、将門の祟りとされる事件の真相に迫る。

目次

  • 第六章 窮死者
  • 第七章 十九首の謎
  • 第八章 崩壊への傾斜
  • 第九章 亡霊たちの戦争
  • 第十章 『将門』の正体
  • エピローグ
  • 自作解説

製品情報

製品名 中央構造帯(下)
著者名 著・解説:内田 康夫
発売日 2005年09月15日
価格 定価 : 本体533円(税別)
ISBN 978-4-06-275229-9
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’02年10月に小社より単行本として刊行され、’04年9月に講談社ノベルスで刊行された作品を上下巻に分冊した下巻。

オンライン書店で見る