紅天蛾 新宿少年探偵団

講談社文庫
ベニスズメシンジュククショウネンタンテイダン
著:太田 忠司 解説:森 博嗣
紅天蛾 新宿少年探偵団
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

作品の根底に流れている危険で怪しい香り。これぞ秘密の切り札だ。――(森 博嗣)

新宿駅前に゛空飛ぶメリーゴーラウンド゜が現れた。回転する木馬から舞い降りた少女・紅天蛾(べにすずめ)は7人の忠実な下僕を操り、超常なる力によって破壊と略奪を繰り返す。警察なんて当てにはできない。新宿少年探偵団が無垢なる悪意に闘いを挑む。江戸川乱歩の世界を現代によみがえらせる長編冒険ファンタジー!

製品情報

製品名 紅天蛾 新宿少年探偵団
著者名 著:太田 忠司 解説:森 博嗣
発売日 2002年08月09日
価格 定価 : 本体752円(税別)
ISBN 978-4-06-273505-6
判型 A6
ページ数 392ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’97年8月講談社ノベルスとして刊行。