地名に隠された「南海津波」

講談社+α新書
チメイニカクサレタナンカイツナミ
  • 電子あり
地名に隠された「南海津波」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

●「浦・津・川」モデルの危険地域●「東海道」が消えたのはなぜ?●「水の都」大阪●津々浦々の危険地域●「街道」に逃げるか「神社」に逃げるか●日本最古の高台移転●地名から見える原発の危険度●「砂上の楼閣」の浜岡原発●「鈴浪」が津波の兆候●「海辺」に視点を


●「浦・津・川」モデルの危険地域
●「東海道」が消えたのはなぜ?
●「水の都」大阪
●津々浦々の危険地域
●「街道」に逃げるか「神社」に逃げるか
●日本最古の高台移転
●地名から見える原発の危険度
●「砂上の楼閣」の浜岡原発
●「鈴浪」が津波の兆候
●「海辺」に視点を

目次

  • 序 「南海トラフ津波」の恐怖
  • 第1章 浦・津・川・浜の地名が危ない
  • 第2章 「浦・津・川」モデルの地名に浮かぶ名古屋
  • 第3章 海の孤島だった大阪
  • 第4章 “津々浦々”にある危険な地名
  • 第5章 地名が示す「どこに逃げるか?」
  • 第6章 地名と地形から見える“原発の危険度”
  • 第7章 津波碑からのメッセージ
  • 結論 「海辺」に視点を!

製品情報

製品名 地名に隠された「南海津波」
著者名 著:谷川 彰英
発売日 2013年03月20日
価格 定価 : 本体838円(税別)
ISBN 978-4-06-272795-2
判型 新書
ページ数 194ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:谷川 彰英(タニカワ アキヒデ)

1945年、長野県生まれ。東京教育大学大学院博士課程修了。筑波大学教授・副学長を経てノンフィクション作家。博士(教育学)。柳田国男研究をベースに、地名研究、マンガ論、食文化研究など幅広く取り組む。著書に、「地名の魅力」「京都 地名の由来を歩く」「京都奈良「駅名」の謎」「大阪「駅名」の謎」「東京・江戸 地名の由来を歩く」など多数。地名の由来、来歴、変遷など地名研究の第一人者でテレビ出演も多い。
前作『地名に隠された「東京津波」』(+α新書)はロングセラーとなっている。

オンライン書店で見る