「寅さん」が愛した汽車旅

講談社+α新書
トラサンガアイシタキシャタビ
  • 電子あり
「寅さん」が愛した汽車旅
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

寅さんの旅にはいつも鉄道があり、寅さんは小さなローカル線を愛し、温かい目で鉄道を見つめていた。私はこれまで寅さんが訪れた全国各地の町をほとんど訪れたが、寅さん亡き現在、無性に寅さんに会いたくなった。会えないとはわかっていても、寅さんの足跡、匂いを求めて私は旅を続けることにした。


鉄ちゃん写真家が訪ね歩いた「寅さんの轍」。
映画『男はつらいよ』が踏破したローカル線。
北海道、青森、新潟、岡山、福井・・・いつも温かい目で鉄道を見つめた「師」を追って。

寅さんの旅にはいつも鉄道があり、寅さんは小さなローカル線を愛し、温かい目で鉄道を見つめていた。地方都市の場末の映画館で寅さんを見ながら、私は、まさしくこの時代に寅さんとともに、全国の鉄道を乗り継いで旅をしてきた。その結果、なんとかして写真家として、モノ書きとしてもメシが食えるようになった。私の自慢と誇りは、寅さんと一緒に旅をして、寅さんから人生の喜怒哀楽をいろいろ学んだことである。寅さんは、これまでの私の人生の「師」なのである。(中略)私はこれまで寅さんが訪れた全国各地の町をほとんど訪れたが、寅さん亡き現在、無性に寅さんに会いたくなった。会えないとはわかっていても、寅さんの足跡、匂いを求めて私は旅を続けることにした。

●寅さんと蒸気機関車の旅
●寅さん=デコイチ
●デコイチとカーチェイス
●渡世人とダブるシロクニ
●寅さんとローカル線の旅
●倍賞千恵子と都電の関係
●大正ロマンの丸窓電車
●寅さんもケガした久大本線
●「海回り」の予讃本線
●寅さんと飛行機、新幹線の旅

目次

  • まえがき
  • 第1章 寅さんと蒸気機関車の旅
  • 任侠映画を彷彿とさせた寅さん
  • 寅さんは私の心のデコイチ
  • 木曽川どっぽーん事件
  • 寅さん=デコイチ
  • デコイチの弟分
  • デコイチとカーチェイス
  • 渡世人とダブるシロクニ
  • デコイチ、忍法雲隠れ
  • 時代はディーゼル機関車へ
  • 北海道からSLが消え始めた
  • 保存SL・シーチョンチョン
  • 惜別の意味を込めた撮影
  • 第2章 寅さんとローカル線の旅
  • 倍賞千恵子と都電の関係
  • 野に返った軽便鉄道
  • わが故郷の誇り・福井の私鉄
  • 鉱山鉄道・栗原電鉄
  • 都内のローカル線・金町線
  • 特急「有明」で出会った部長
  • 命拾いした国鉄五能線
  • レッドトレインに乗った寅さん
  • 炭鉱全盛期の田川伊田駅
  • 空転するシゴロクを楽しむ?
  • 大正ロマンの丸窓電車
  • 寅さんもケガした久大本線
  • 第二の故郷、会津・滝谷駅
  • SL廃止を暗示した山陰本線
  • 函館本線で「駅ホテル」から排除
  • 「海回り」の予讃本線
  • まぼろしの鉄道
  • 二つ目キューロク
  • 珠玉のローカル線
  • 「本線」とは名ばかり
  • 上野駅での別れ
  • 第3章 寅さんと飛行機、新幹線の旅
  • 数少ない飛行機体験
  • 苦手な飛行機
  • トラのふんどしは必需品
  • バス停での名シーン
  • 日本最古のケーブルカー
  • 3両編成の気動車
  • ブルートレイン初乗車
  • 北恵那鉄道の廃線跡
  • 若いふたりは新幹線
  • 高松琴平電鉄
  • 唯一、鉄道が出てこない?
  • 渡し船で島に渡る
  • 第4章 寅さんは遠くなりにけり
  • 柴又は寅さん時代のまま
  • 鉄道跡地にバブルの遺産
  • 廃線相次ぐローカル線
  • 独房のようなビジネスホテル
  • 寅さんはメタボリック?
  • 「家族」と「美しい風景」と
  • 労働者讃歌
  • 日本はどこへ行くのか?
  • あとがき

製品情報

製品名 「寅さん」が愛した汽車旅
著者名 著:南 正時
発売日 2008年04月19日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-272494-4
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社+α新書

オンライン書店で見る