朝日新聞記者が書けなかったアメリカの大汚点

講談社+α新書
アサヒシンブンキシャガカケナカッタアメリカノダイオテン
朝日新聞記者が書けなかったアメリカの大汚点
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

評論家各氏が絶賛したベストセラー第2弾!!

大統領も真っ青!!日本人が知らない本当のアメリカ!!
アメリカは世界帝国か烏合の衆か?200以上の街で見た危ない話・本当すぎる話

「日本って、中国のどのへん?」忘れたころ、アメリカ人はいきなりこういう質問をしてくるから面食らう。最近はさすがになくなったと思っていたんだけど。「クラスメートがアパートに遊びにきて、『なーんだ。銅鑼も畳も鳥居もないじゃん。せっかく日本人の家に来たのに』と、がっかりされた」知り合いの留学生がそんなことを言っていた。昔からよく指摘されていたことだが、アメリカ人の「世界音痴」はかなりのもの。グローバリズムの時代を迎えてなお、まだ治っていない。それどころか、ブッシュ政権になって、世界の中心はアメリカだ、という世界観はむしろ強まっているようにみえる。アメリカ以外の国はまるで遠い惑星。これを称して「アメリカン・プトレマイズム(アメリカ天動説)」というのだそうだ。

●地割れを起こすアメリカ
●人種差別の最新事情
●実は同性愛に狭量な人たち
●アメリカは日本化しているのか
●ラーメンを音を立てて食べる白人
●2種類いるアメリカ黒人
●グローバリズムが殺すアメリカ
●日本人がアメリカ人になれない理由
●なぜ日本人の男はもてないのか
●世界の運命を握る錆びついた州

製品情報

製品名 朝日新聞記者が書けなかったアメリカの大汚点
著者名 著:近藤 康太郎
発売日 2004年11月20日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-272285-8
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書