誰も知らなかった賢い国カナダ

講談社+α新書
ダレモシラナカッタカシコイクニカナダ
  • 電子あり
誰も知らなかった賢い国カナダ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

超大国アメリカの陰に隠れて、カナダとアメリカの違いを説明できない人も多いことであろう。たしかに、両国とも主要言語が英語であったり、政治経済的には自由民主主義、資本主義であり、共通点は多い。しかし、カナダは米国とは別のアイデンティティを模索・樹立し、米国の「言いなり」にならない国だ。日本が、アメリカとは異なるカナダから学べる政策や教訓のようなものは、あまりにも多い。


米国の言いなりにならない知られざる「豊かな大国」!!

経済的規模は東京都レベルで対米貿易が8割。
しかし、対米従属ではない自主外交。政治、教育、医療……。
アメリカ属国・日本の手本はカナダにあった!

●カナダと日本の重要な関係
●少なすぎるカナダ情報
●行財政改革も大成功
●経済の泣き所=高い失業率
●自立の安全を誇るカナダ
●頭脳流出とカナダの「選択」
●「首相」が11人いる
●首相に集中する政治権限
●カナダ国王はエリザベス女王
●ケベック独立問題=分裂するか

超大国アメリカの陰に隠れて、カナダとアメリカの違いを説明できない人も多いことであろう。ふつうの日本人にとって、カナダとアメリカはほぼ同じようにみえるかもしれない。
日本人は、カナダ人というと、『赤毛のアン』くらしか知らないのがふつうだ。いや、「アン・シャーリー」さえ、アメリカ人と信じ込んでいる日本人も多いだろう。たしかに、両国とも主要言語が英語であったり、政治経済的には自由民主主義、資本主義であり、共通点は多い。しかし、カナダは米国とは別のアイデンティティを模索・樹立し、米国の「言いなり」にならない国だ。
日本が、アメリカとは異なるカナダから学べる政策や教訓のようなものは、あまりにも多い。

製品情報

製品名 誰も知らなかった賢い国カナダ
著者名 著:櫻田 大造
発売日 2003年05月22日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-272193-6
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社+α新書

オンライン書店で見る