民俗と民藝

講談社選書メチエ
ミンゾクトミンゲイ
  • 電子あり
民俗と民藝
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

柳田國男の民俗学と柳宗悦の民藝運動──。異なる方法、言葉遣いで展開されたそれらを、成長させた土壌は同じひとつのものだ。それを本書で著者は、〈原理としての日本〉とよぶ。時期を同じくしながら、交わることの少なかった二人の仕事によりそい、二人の輪唱に誘う力作。(講談社選書メチエ)


柳田國男と柳宗悦。
かたや「常民」の暮らしに目を見開き、かたや民藝運動によって、生活の中の美を求める。
二人の交錯を描く力作!

柳田國男の民俗学と柳宗悦の民藝運動──。
異なる方法、言葉遣いで展開されたそれらを、成長させた土壌は同じひとつのものだ。
それを本書で著者は、〈原理としての日本〉とよぶ。
時期を同じくしながら、交わることの少なかった二人の仕事によりそい、二人の輪唱に誘う力作。

目次

  • まえがき
  • 第一章 失われた民謡
  • 第二章 農民から「常民」へ
  • 第三章 文明開化に抗するもの
  • 第四章 民俗学の対象、日々を生きる喜び
  • 第五章 工藝の発見
  • 第六章 暮らしの器
  • 第七章 木喰上人を求めて
  • 第八章 民藝運動というもの
  • 第九章 民俗学と民藝運動
  • 第十章 常民を想って
  • 第十一章 南の島に在るもの
  • 第十二章 魂が住む家
  • 第十三章 籾種を携えて海を渡る
  • 第十四章 穀霊の宿るところ
  • 第十五章 生の工藝化としての「本能」
  • 第十六章 〈民藝〉を産む〈民俗の記憶〉
  • あとがき

製品情報

製品名 民俗と民藝
著者名 著:前田 英樹
発売日 2013年04月11日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-258552-1
通巻番号 549
判型 四六
ページ数 258ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:前田 英樹(マエダ ヒデキ)

1951年生まれ。中央大学大学院文学研究科フランス文学専攻修了。現在、立教大学急需。言語、身体、時間などを主題として、思想、文学、美術、映像などを論じる。主な著書に、『沈黙するソシュール』『小津安二郎の家』『倫理という力』『言葉と在るものの声』など多数。

オンライン書店で見る