戦前昭和の国家構想

講談社選書メチエ
センゼンショウワノコッカコウソウ
  • 電子あり
戦前昭和の国家構想
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

関東大震災の三年後に始まった戦前昭和とは、震災復興=国家再建の歴史だった。
社会主義、議会主義、農本主義、国家社会主義という四つの国家構想が、勃興しては次の構想に移っていく展開の過程として、戦前昭和を再構成する!

目次

  • プロローグ
  • I 社会主義
  • II 議会主義
  • III 農本主義
  • IV 国家社会主義
  • エピローグ
  • 参考文献
  • あとがき

製品情報

製品名 戦前昭和の国家構想
著者名 著:井上 寿一
発売日 2012年05月11日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-258531-6
通巻番号 528
判型 四六
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:井上 寿一(イノウエ トシカズ)

1956年生まれ。
一橋大学大学院法学研究科博士課程修了。現在、学習院大学教授。
専攻は、日本政治外交史。
主な著書に、『危機のなかの協調外交』『日本外交史講義』『アジア主義を問いなおす』『日中戦争下の日本』など多数。

オンライン書店で見る