その後の慶喜

講談社選書メチエ
ソノゴノヨシノブ
その後の慶喜
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

将軍の座を追われた後の長く平凡で充実した人生

大政奉還後、表舞台から姿を消した徳川慶喜。最高権力者の座を追われたあとの45年とは?水戸での謹慎から静岡、東京と居を移したその日常は失意のなかで営まれたのか、平穏な日々だったのか?「歴史上の人物」として静かに生きた男・慶喜の後半生。

目次

  • 第1部 静岡時代の徳川慶喜
  •  第1章 恭順表明から静岡に至るまで
  •  第2章 言動を律する趣味人――明治初年代
  •  第3章 取り戻されたゆとり――明治10年代
  •  第4章 身内・知己の死と新しいものへの関心――明治20年代
  • 第2部 東京時代の徳川慶喜
  •  第5章 修復された皇室との関係――公爵授与以前
  •  第6章 老いと自分史への協力――公爵授与以後

製品情報

製品名 その後の慶喜
著者名 著:家近 良樹
発売日 2005年01月09日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258320-6
通巻番号 320
判型 四六
ページ数 220ページ
シリーズ 講談社選書メチエ