HSPと分子シャペロン

ブルーバックス
エイチエスピートブンシシャペロンセイメイヲマモルキョウイノタンパクシツ
  • 電子あり
HSPと分子シャペロン
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いま明らかになる、生命が40億年かかって手に入れた想像を超える驚異のメカニズム

タンパク質を守り、タンパク質を育む「タンパク質」
生命を脅かすあらゆるストレスからタンパク質を守り、誕生から、機能を失い分解されるまでタンパク質のために健気に働く「タンパク質」それが、HSPであり分子シャペロンだ。
生命が40億年かかって手に入れたナノレベルのこの驚くべきシステムを解説し、創薬へのチャレンジまでを紹介する。

生命は膨大な数のタンパク質たちの、化学反応によって営まれている。そのタンパク質たちを、高熱や毒・ウィルスなどあらゆるストレスから守り、壊れたタンパク質を修復し、育む「タンパク質」がある。それが、HSPであり、分子シャペロンだ。
1962年、リトサ博士はショウジョウバエの幼虫に熱ショックを与えると、あるタンパク質が多量に生産されることを発見した。博士はそれをHeat Shock Protein:HSPと名付けた。HSPは熱ストレスだけではなく、重金属、活性酸素、アルコールなど生命にとって危険な様々なストレスによって増えることが分かった……。

目次

  • 第1章 ストレスとはなにか、HSPとはなにか
  • 第2章 HSPはどのようにしてストレスに対抗しているのか
  • 第3章 ストレスがないときでも、HSPは頑張っている――揺りかごから墓場まで
  • 第4章 HSPを増やす薬の発見
  • 第5章 HSPを利用した新たな医薬品開発の試み
  • 第6章 HSPを応用した化粧品開発
  • 第7章 HSPを応用したいろいろな取り組み

製品情報

製品名 HSPと分子シャペロン
著者名 著:水島 徹
発売日 2012年06月21日
価格 定価 : 本体940円(税別)
ISBN 978-4-06-257774-8
通巻番号 1774
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本

オンライン書店で見る