脳研究の最前線 上

ブルーバックス
ノウケンキュウノサイゼンセンノウノニンチトシンカ
脳研究の最前線 上
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

理化学研究所脳科学総合研究センター 創立10周年記念出版
12人の研究者が脳とこころの謎に挑む

こころに向かう脳科学
「脳科学総合研究センターが創立10周年を迎えるにあたって、『脳とこころ』の問題についての現在もっとも進んだ理解を示そうと企画されたのが本書である。現代の脳科学には脳とこころの問題に切り込むためのいくつかの重要な手掛かりがある。……12名の研究者がそれぞれに描く『こころに向かう脳科学』の流れと将来の大きな展望を読者に読み取っていただければ幸いである」――(伊藤正男)

目次

  • 第1章 脳のシステム 谷藤学
  • 第2章 脳の進化と心の誕生 岡本仁
  • 第3章 知性の起源 入來篤史
  • 第4章 言語の起源と脳の進化 岡ノ谷一夫
  • 第5章 脳はどのように認知するか 田中啓治
  • 第6章 脳はどのように情報を伝えるのか 深井朋樹

製品情報

製品名 脳研究の最前線 上
著者名 編:理化学研究所脳科学総合研究センター
発売日 2007年10月20日
価格 定価 : 本体1,140円(税別)
ISBN 978-4-06-257570-6
通巻番号 1570
判型 新書
ページ数 362ページ
シリーズ ブルーバックス