「場」とはなんだろう

ブルーバックス
バトハナンダロウ
  • 電子あり
「場」とはなんだろう
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

だれにでも「場」がわかる、実感できる本。相対性理論も量子論も、すべての近代物理は「場」がその出発点となった。わかっているようで実はよくわからない「場」を、だれもが実感として理解できる本。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。(ブルーバックス・2000年11月刊)


※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。

目次

  • プロローグ 137の謎
  • 第1章 梯子をはずされたマックスウェル
  • 第2章 量子のダンス
  • 第3章 ゴジラとくりこみ
  • 第4章 くりこみ理論
  • 第5章 アインシュタインの重力と指南車
  • エピローグ 電荷の隧道(トンネル)

製品情報

製品名 「場」とはなんだろう
著者名 著:竹内 薫
発売日 2000年11月20日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-257310-8
通巻番号 1310
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ ブルーバックス

関連シリーズ

オンライン書店で見る