創価学会秘史

ソウカガッカイヒシ
  • 電子あり
創価学会秘史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

全国800万世帯の信者を抱える巨大宗教団体、創価学会はどのように創立され、発展したのか。
学会が完全に封印し、幻の文書となった会報、機関誌を独自に入手。
浮かび上がってきた牧口常三郎、戸田城聖、そして池田大作の肉声と、言動。
「オーイみんな、僕等は飽くまでも『事』の信仰でゆかう。一歩も履み外さずに『事』でゆくから。理の信仰といふのは、頭だけの信仰だ。思想の上だけの信仰だ。口先ばかりの信仰だ。――お弁当組、忙しい折柄ぢゃが、繰合せて参った上にゃ、呑んでつかはすぞよ!アハ、アハ……」
初期の創価学会は、左翼運動で検挙された元教員たちを取り込み、特高警察や思想検事と手を結んで「転向」を促すことで組織を強化した。
戸田城聖は戦後、出版業や教育産業、金融業に乗り出すが、失敗。学会は、巨大な「集金マシーン」へと姿を変えていく――。

目次

  • プロローグ 歴史の空白
  • 第1章 堅物と俗物
  • 「人生地理学」牧口常三郎/「浮浪の士」戸田城聖/恋に狂いて/「創価」誕生の謎
  • 第2章 赤化青年たちの入信
  • 京都帝大出身の左翼教師/「教育宗教革命」の理想へ
  • 第3章 特高警察と思想検事
  • 特高課長の期待/たった九十七人の会員/そして皆去った
  • 第4章 功徳はありや
  • 地雷と聖書/信心が足りないから死んだ
  • 第5章 「革新財閥」の誕生
  • いざ、満州へ/戸田城聖の「カネ貸し」稼業
  • 第6章 損よりは得を、害よりは利を
  • くせ者揃いの「悪漢クラブ」/新宗教ブームの波に乗り/戦争は商機だ/取払え!取払え!取払え!
  • 第7章 弾圧の暗雲
  • 一斉検挙/牧口「獄死の日」の因縁/焼け野原に立った戸田城聖
  • 第8章 折伏大行進
  • 戸田が唄った「牢屋の歌」/出版業で再起を図る/週刊誌に告発された戸田/『聖教新聞』創刊と「人間革命」
  • 第9章 狸祭り事件
  • 寂日坊から駆けだした伝令・池田/池田大作の宗教詩/遂に目的達成!!
  • エピローグ 生け贄になった男

製品情報

製品名 創価学会秘史
著者名 著:高橋 篤史
発売日 2018年03月01日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-220957-1
判型 四六
ページ数 296ページ

著者紹介

著:高橋 篤史(タカハシ アツシ)

1968年愛知県生まれ。93年早稲田大学教育学部卒業。日刊工業新聞社を経て、98年から東洋経済新報社記者。2009年に同社を退社、現在はフリーランスのジャーナリストとして『週刊東洋経済』、『文藝春秋』、『FACTA』など各誌に中心に多数寄稿。
新潮ドキュメント賞候補になった『凋落 木村剛と大島健伸』(東洋経済新報社)などの著書がある。

オンライン書店で見る