新天地

文芸(単行本)
シンテンチ
  • 電子あり
新天地
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「技術開発こそ生命線だ」という創業者の言葉を胸に、大手電機メーカーで新技術の開発に没頭してきた真崎直人。景気後退の波に押され、自らの夢とも言える新技術「見えないガラス」開発への道を閉ざされた彼は、進境著しい韓国メーカーの誘いに乗り、単身現地に身を投じる。
日本では実現済みの「低反射フィルム」開発から手がけた真崎だったが、社内での反発や経済風土の違いに苦しめられ、次第に追い詰められてゆくことに。
日韓産業界に綿密な取材を敢行した著者が満を持して放つ、瞠目の国際「お仕事」小説!

目次

  • プロローグ
  • 1章 決 断
  • 2章 トムスン・ショック
  • 3章 迷 走
  • 4章 孤 軍
  • 5章 サボタージュ
  • 6章 決 行
  • 7章 ファイン・グラビア塗工機
  • 8章 視 察
  • 9章 家 族
  • 10章 証 拠
  • 11章 対 決
  • 12章 百年に一度
  • エピローグ

製品情報

製品名 新天地
著者名 著:江波戸 哲夫
発売日 2017年01月18日
価格 定価 : 本体1,750円(税別)
ISBN 978-4-06-220396-8
判型 四六変型
ページ数 352ページ

著者紹介

著:江波戸 哲夫(エバト テツオ)

1946年東京都生まれ。東京大学経済学部卒業。都市銀行、出版社勤務を経て'83年作家活動を本格的に始める。政治、経済などを題材にしたフィクション、ノンフィクション両方で健筆をふるっている。著書に『会社葬送 山一證券最後の株主総会』『部長漂流』『小説 盛田昭夫学校』などがある。

オンライン書店で見る