たべもののおはなし すし にっこりおすしとわさびくん

タベモノノオハナシスシニッコリオスシトワサビクン
  • 電子あり
たべもののおはなし すし にっこりおすしとわさびくん
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

●主な内容
桃花ちゃんは、おばあちゃんとおすしやさんに行きますが、まちがってわさび入りのおすしを食べてしまい、すしネタたちのたのしい会話が聞こえるようになりました。

●刊行の趣旨
 子どもたちが大好きなおいしい食べ物が登場する創作童話を、10人の豪華執筆陣が書き下ろしました。
 身近なテーマで、読書に慣れていない子でも読みやすい、小学校低学年向け童話シリーズです。

●シリーズ「たべもののおはなし」の特色
・直木賞、野間児童文芸賞受賞作家など、現代を代表する一流童話作家の書き下ろし。
・誰にとっても身近な「食べ物」がテーマなので、本を読む習慣のないお子さんでも手に取りやすい作品ばかりです。
・ほぼすべての場面に、人気画家のイラストが入っているので、1、2年生でも一人で読めます。
・巻末コラムでは、栄養、マナー、文化等について簡単に紹介。食べ物への理解が深まります。
・A5判、80ページ(一部カラー)。朝読にもぴったりのボリュームです。

●シリーズ「たべもののおはなし」のラインアップ(予定)
2016年10月発売
オムライス のおはなし (森 絵都)
おむすび のおはなし (もとしたいづみ)
2016年11月発売
スパゲッティ のおはなし (佐藤まどか)
カレーライス のおはなし (赤羽じゅんこ)
2016年12月発売 
ピザ のおはなし (井上林子)
すし のおはなし (佐川芳枝)
2017年1月発売
エビフライ のおはなし (村上しいこ)
焼肉 のおはなし (いとうみく)
2月発売
ラーメン のおはなし (富安陽子)
パン のおはなし (小手鞠るい)

製品情報

製品名 たべもののおはなし すし にっこりおすしとわさびくん
著者名 作:佐川 芳枝 絵:こば ようこ
発売日 2016年12月20日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-220342-5
判型 A5
ページ数 80ページ

著者紹介

作:佐川 芳枝(サガワ ヨシエ)

東京都生まれ。『寿司屋の小太郎』(ポプラ社)で第13回椋鳩十児童文学賞を受賞。作品は他に、「ゆうれい回転ずし」シリーズ『ぼくはすし屋の三代目』(以上、講談社)などがある。エッセイ作品として『すし屋のかみさん 二代目入店』(講談社文庫)などがある。東京・東中野の「名登利寿司」の女将でもある。

絵:こば ようこ(コバ ヨウコ)

こばようこ
東京都生まれ。多摩美術大学絵画科卒業。東京都生まれ。夫のおだしんいちろう氏との共作で、第4回ピンポイント絵本コンペで最優秀賞を受賞。絵本の絵に『いもほり コロッケ』(講談社)『おひるねけん』(教育画劇)『一日だけうさぎ』(くもん出版)など。児童書挿絵として『スプーン王子のぼうけん』(鈴木出版)などがある。

オンライン書店で見る