廃校先生

文芸(単行本)
ハイコウセンセイ
廃校先生
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

廃校が決まった小学校を舞台に、教師と生徒、それぞれの視点から最後の一年が描かれていく。一章ずつ読み進めるにつれ、かけがえのない時間が過ぎ、子供たち、親たちの気持ちが胸に沁みこむ。大切なものは、いつまで経っても変わらないものだった――。親と子、教師と生徒、学校と地域の関係を丹念に描き出す感動長編。


一年後に廃校が決まった奈良県・十津川村の小学校に赴任した香澄。一年経っても、まだこの学校になじめない。頼りにならないが同僚のよし太、自ら選んでへき地教育に従事する律子と比べ、自分は教師に向いていないのではないか、と思う日々だった。ある日、生徒が無くしものをして落ち込んでいた。それが亡き祖母の形見だと知った香澄が夜遅くに行くと、そこにはよし太がいた。(第一章 里田香澄)

廃校が決まった学校を舞台に、教師と生徒、それぞれの視点から最後の一年が描かれていく。一章ずつ読み進めるにつれ、かけがえのない時間が経ち、子供たち、親たちの気持ちが胸に沁みこむ。

いまや失われつつある親と子、教師と生徒、学校と地域の関係を丹念に描き出す、著者最高傑作。

目次

  • 1 里田香澄
  • 2 古坂十夢
  • 3 田村愛梨
  • 4 進藤優作
  • 5 里田香澄
  • 6 タイムカプセルに入れたよし太の手紙
  • 7 里田香澄

製品情報

製品名 廃校先生
著者名 著:浜口 倫太郎
発売日 2016年09月28日
価格 定価 : 本体1,550円(税別)
ISBN 978-4-06-220267-1
判型 四六変型
ページ数 322ページ

著者紹介

著:浜口 倫太郎(ハマグチ リンタロウ)

1979年奈良県生まれ。2010年、『アゲイン』で第5回ポプラ小説大賞特別賞を受賞しデビュー。放送作家として「ビーバップハイヒール」「クイズ!紳助くん」「たかじん胸いっぱい」などを担当。他著に『宇宙にいちばん近い人』『シンマイ!』がある。