星になった子ねずみ

ホシニナッタコネズミ
星になった子ねずみ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

子ねずみのチッくんは、病気でねているお母さんねずみと“ふたり”暮らし。戦争末期の、食べるものもない時代でしたが、ご主人の千倉少尉から乾パンやコンペイトウをもらっては、おなかをいっぱいにしていました。
ある日の夜、千倉少尉はチッくんに『よだかの星』という本の話をしてくれました。それは、みにくい鳥のよだかが、乱暴者のたかにいじめられて、空にのぼって星になってしまうお話でした。
戦火は次第に激しさをまし、少尉とチッくんにも別れのときがやってきました----。

製品情報

製品名 星になった子ねずみ
著者名 作:手島 悠介 絵:岡本 颯子
発売日 2016年08月05日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-220139-1
判型 四六
ページ数 160ページ

著者紹介

作:手島 悠介(テシマ ユウスケ)

著者/手島悠介(てしまゆうすけ)
1935年、台湾市高雄市に生まれる。戦争末期、台湾各地を転々と疎開し、10歳のとき引き揚げる。学習院大学文学部哲学科中退。雑誌のライターを経て、児童文学を執筆する。主な作品に『かべにきえる少年』『がんばれ! 盲導犬サーブ』『天国へいったサーブ』『日本のみなさんやさしさをありがとう』(以上、講談社)『大地震が学校をおそった』『裁判とふしぎなねこ』(以上、学研)、「かぎばあさん」シリーズ(岩崎書店)などがある。

絵:岡本 颯子(オカモト サツコ)

画家/岡本颯子(おかもとさつこ)
1945年生まれ、武蔵野美術大学芸能デザイン科卒業。絵本・児童書の挿絵を中心に、舞台衣装のデザインの仕事にたずさわっている。絵本に『はっぱのきつねさん』(あかね書房)、『まるまるまるごといただきます』(ポプラ社)、挿絵に手島悠介氏と組んだ「かぎばあさん」シリーズ(岩崎書店)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス