惑星の岸辺

文芸(単行本)
ワクセイノキシベ
惑星の岸辺
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

宇宙飛行士の甘南備俊介は、五十八年九か月の眠りから目覚めた。木星衛星調査船で低温睡眠に入っているとき、太陽フレアの爆発で船が軌道を逸脱したのだ。地球の周回に入ってから回収され、たったひとり帰還した彼は、いちやく英雄となった。
甘南備を待ち受けていたのは、国際宇宙開発機構が精密に組み上げた回復訓練プログラムで、橘ムラサキという若い専任医務官が担当することになった。橘自身がかつて事故に遭い、このプログラムの経験者であった。
訓練が始まって、甘南備は不思議なことに気づく。橘のふとした仕草が、25年前に亡くなったはずの妻の葵のそれと重なるのだ。彼は次第に訓練の時間を心待ちにするようになるが……。
時空を超え、記憶という愛は甦るのか。大人の心を揺さぶる、ミステリロマン。

製品情報

製品名 惑星の岸辺
著者名 著:梶村 啓二
発売日 2015年09月17日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-219718-2
判型 四六
ページ数 314ページ

著者紹介

著:梶村 啓二(カジムラ ケイジ)

(かじむら・けいじ)
2011年、『野いばら』で第3回日経小説大賞受賞。他の著書に『「東京物語」と小津安二郎』、『使者と果実』がある。