佐藤優の10分で読む未来 キーワードで即理解 戦争の予兆編

サトウマサルノジュップンデヨムミライキーワードデソクリカイセンソウノヨチョウヘン
佐藤優の10分で読む未来 キーワードで即理解 戦争の予兆編
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書のコンセプトはズバリ「あの佐藤優氏の国際分析と未来予測を、わずか1テーマ10分で体得できる本」です。
著者の佐藤優氏は、外務省で主任分析官を務めていた時代に、国際情勢のポイントを簡潔にまとめた「分析メモ」を週に2~3通作成しては首相官邸に届けていました。
その佐藤氏が自らのメールマガジン創刊を機に、この「分析メモ」を復活させ、現在も執筆を続けています。これが外交のプロやビジネスパーソンの間でたいへん好評のため、今回、分析メモの一部を抜粋して書籍化することになりました。

また、分析メモの内容を「もっとわかりやすく、手早く知りたい」という方のために、佐藤氏が現在出演しているラジオ番組「くにまるジャパン」(文化放送)で、パーソナリティの野村邦丸氏との軽妙な「国際分析トーク」も掲載しました。まずは「くにまるジャパン」のトークで、基礎的な理解を深め、分析メモを精読することで佐藤流の分析手法をじっくりと味わう、ハイブリッド型の書籍です。


本書のもう一つの特徴は、国際情勢を読み解く上での補助線=大きなヒントとなる「キーワード」の視点から各章がまとめられている点です。
第2巻となる本書では、「反知性主義」「レッドライン外交」「毒サソリVS.毒ヘビ」
「集団的自衛権」といったキーワードがでてきます。

目次

  • 11 「アラブの冬」最善の処方箋は他国の内政不干渉
  • 12 「ナチス」発言で露見した日本の「反知性主義」
  • 13 米国「レッドライン外交」はなぜ終焉するのか
  • 14 「日本版NSC」設立は戦争参加への第一歩に
  • 15 「面倒な隣人」中国とのつきあい方
  • 16 「ナンバー2処刑」でバランスを保つ北朝鮮
  • 17 怒れる沖縄は「民族問題の初期段階」に
  • 18 安倍政権は「プーチン・チャネル」をつくれるか
  • 19 「毒サソリVS.毒ヘビ」の戦い――ウクライナその1
  • 20 「新帝国主義時代」の局地戦――ウクライナその2
  • 21 「限定的な集団的自衛権」という幻想
  • 22 日本・イスラエル間の「サイバー協力態勢」
  • 23 「混迷するシリア・イラク」に自衛隊が派遣される日

製品情報

製品名 佐藤優の10分で読む未来 キーワードで即理解 戦争の予兆編
著者名 著:佐藤 優
発売日 2014年11月19日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-219267-5
判型 新書
ページ数 224ページ

著者紹介

著:佐藤 優(サトウ マサル)

佐藤 優
さとう・まさる 1960年生まれ。75年、浦和高校入学。79年同志社大学神学部入学、85年同大学大学院神学研究科修了後、外務省に入省。在英国日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に勤務後、95年より外務省国際情報局分析第一課へ。主任分析官として活躍する。
2002年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕され、512日間東京拘置所に勾留される。05年2月、執行猶予付き有罪判決を受け、09年に最高裁で上告棄却、有罪が確定し、外務省を失職。釈放中から精力的な執筆活動に取り組み、書籍、論文を発表してきた。
05年のデビュー作『国家の罠』で第59回毎日出版文化賞特別賞、次作の『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。主な著書に『甦る怪物 私のマルクス』『外務省に告ぐ』『新帝国主義の時代』『宗教改革の物語など多数。

関連シリーズ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス