デキる女のおしゃれの方程式 きちんと見える 信頼される

講談社の実用書
デキルオンナノオシャレノホウテイシキキチントミエルシンライサレル
  • 電子あり
デキる女のおしゃれの方程式 きちんと見える 信頼される
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

オフィスでは男性はスーツスタイルが基本になっており、長年の習慣からルールもだいたい決まっています。ところが女性は洋服のアイテムの数も多く、これが正しいというルールはなく、その職場での雰囲気にあわせて選ぶことが多いよう。
しかもクールビズなど男性もカジュアル化が進む中、オフィスにふさわしいとはいえない服装で出勤している人も増えているように思えます。同じ職場で働く男性はどのようなところを見ているのか、企業のコスチュームアドバイスも手がけるスタイリスト森岡氏がアドバイス。
いまや職場の華は流行らない。遊びの服と仕事の服はきちんとわける。派手な人より華がある人になる。正統派が魅力的に見える。という会社での着こなし。
その一方一緒にいたいと思える女性にオフの日はフェミニン要素はスパイスで使う。きちんとカジュアルは知性の証明。デコルテは見せても、胸の谷間はみせない……など。男性も思っている以上に女性を見ているという本音を語ります。

目次

  • 第1章 好感度の高い女性とは?
  • 男性は女性の細かいところまで気がつかない・オフィススタイルにおいては「安定感」こそが「好感度」につながる・「たかが見た目」で損をしない・男性はやはり知的センスのある人が好き・「暇そうな人」に見えるおしゃれは失敗・派手な人より華のある人を目指そう……
  • 第2章 男性はオフィスでは思ったよりも女性を見ている
  • オフィスでは「普通に」「正しく」「清潔に」服を着こなすだけでいい・センスよりも「認められる」ための服選びを・きちんと服装が整った女性を男性は、”ビジネスパートナー”として認識する……
  • 第3章 デキる女はスーツ・ジャケットスタイル
  • ファッションで自己アピールする好機は「今!」です・デキる女はテーラードスーツが似合う・スーツは着続けるほど格好よさの増すアイテム・基本のスーツは2着。まずはネイビーかグレーを・簡単に洗練度アップを目指すなら「白」の有効活用を……
  • 第4章 デキる女に見せる秘訣
  • コーディネートは前の晩に決めておく・悩んだときのためのコーディネートを3種類つくっておく・色はたくさん使わない。3色までにおさえる・シンプルなワンピースとタイトスカートを活用せよ・「夏はナマ脚」という認識は非常識。ストッキングをはくという選択肢を持つ・男は意外に”末端”に目がいく。控えめなネイルの好感度高し……
  • 第5章 ずっと一緒にいたいと思わせる女性になる
  • 可愛い服は果たして”モテ服”なのか?・時間を止めてはいけません。年齢相応のおしゃれがあるはず・旬の女性からおしゃれのヒントを盗んで・TPOに応じた服装ができる・ルーズなシルエットよりタイトなシルエット……
  • 第6章 デキる女のコーディネートレッスン
  • オフィスで信頼される女性になる・一緒にいたいと思わせる女性になる

製品情報

製品名 デキる女のおしゃれの方程式 きちんと見える 信頼される
著者名 著:森岡 弘
発売日 2014年11月20日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-219211-8
判型 四六
ページ数 144ページ

著者紹介

著:森岡 弘(モリオカ ヒロシ)

森岡弘
スタイリスト。1958年生まれ。早稲田大学教育学部卒業。株式会社婦人画報社(現・ハースト婦人画報社)にて男性誌「メンズクラブ」のファッションエディターとしてキャリアをスタート。1996年クリエイティブオフィス「株式会社 グローブ」を設立。現在は広告、雑誌のファッションディレクションやスタイリング、俳優・芸能人のスタイリングを行う。アパレルブランドのプロデュースやコンサルティング、雑誌のファッションアドバイザー、コスチュームデザイン、ファッション講演、専門学校の非常勤講師など幅広く活躍中。また文化人、政治家、企業家から一般人までのイメージコンサルティングやファッションコーディネートを行なう「スタイリングラボ」も立ち上げている。著書に『男のお洒落の方程式』『男の休日 着こなしの方程式』『デキる男のお洒落の極意』『男のファッション練習帖』(以上、講談社)がある。

オンライン書店で見る