池田屋乱刃

文芸(単行本)
イケダヤランジン
池田屋乱刃
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「乃美さん、わたしは卑怯な男だ」

明治十年、死の床についた長州の英雄・木戸孝允こと桂小五郎が、かつての同僚に「あの事件」の真実を語り始めた――「池田屋事件」。事件後、日本は「明治」という近代国家に向かって急激に加速していく。池田屋で新選組に斬られ、志半ばにして散っていった各藩の「志士」たち。福岡祐次郎、北添佶麿、宮部鼎蔵、吉田稔麿……。吉田松陰や坂本龍馬といった「熱源」の周囲で懸命に生き、日本を変えようとした男たちの生き様と散り際を描く。
幕末とは、志士とは、維新とは――日本を動かしたあの「熱」はなんだったのか。
最注目の歴史作家が初めて幕末京都に挑んだ連作長篇。

目次

  • 「二心なし」
  • 「士は死なり」
  • 「及ばざる人」
  • 「凜として」
  • 「英雄児」

製品情報

製品名 池田屋乱刃
著者名 著:伊東 潤
発売日 2014年10月22日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-219193-7
判型 四六変型
ページ数 336ページ
初出 「二心なし」…「小説現代」2014年5月号、「士は死なり」…「小説現代」2014年2月号、「及ばざる人」…「小説現代」2013年10月号、「凜として」…「小説現代」2013年7月号、「英雄児」…「小説現代」2013年4月号。

著者紹介

著:伊東 潤(イトウ ジュン)

1960年神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。外資系企業に長らく勤務後、執筆業に転じ、歴史小説や歴史に材を取った実用書を相次いで発表。
2013年、『国を蹴った男』で第34回吉川英治文学新人賞、『義烈千秋 天狗党西へ』で第2回歴史時代作家クラブ賞作品賞、『巨鯨の海』で第4回山田風太郎賞を受賞。
他の著書に『武田家滅亡』、『戦国鬼譚 惨』、『黒南風の海 加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』(第1回本屋が選ぶ時代小説大賞受賞)、『城を噛ませた男』、『叛鬼』、『王になろうとした男』、『黎明に起つ』、『城を攻める 城を守る』、『天地雷動』、『野望の憑依者』などがある。